ERPシステム FAQ

イーカウントよりERPが気になるのでありましたら、ご確認ください。

ERPシステム FAQ

企業資源計画(ERP)システム FAQ

Q: 企業資源計画(ERP)システムとは?

A: 企業資源計画(ERP)システムとは、企業様の情報を統合的に管理する事を意味します。ERPシステムは、一般的にパソコンのデータを基に構成され、資金、会計、購買、生産、販売、人事などの企業様データを明確に管理し、より効率的な企業運営を可能にします。

Q: ERPソフトウェアの目的は?

A: ERPソフトウェアの導入をご検討される企業様は、管理が必要な企業活動をERPソフトを通じて、次のような効果を期待しております。
  • データフローをスムーズにする。
  • 企業の経営者には、適切な情報を提供する。
  • 不要な重複業務を減少させる。
  • 変化する経営環境に対して、柔軟な対応ができる。

Q: クラウド型ERPソフトウェアの特徴は?

A: クラウド型ERPソフトウェアは、次のような特徴があります。
  • 直接、サーバーを運営する必要がありません。
  • メンテナンスやアップグレードを行う必要がありません。
  • 別途のIT部署を備える必要がありません。
  • 標準化されたシステムです。
  • 導入までの時間が不要です。
システムのメンテナンスやサーバー、アップグレードは、イーカウントで徹底的に管理しております。

Q: ERPシステムを導入する際の注意事項は?

A: ERPシステムを導入する事は、とても重要な判断であるため、提供会社の評価を慎重に行う必要があります。最も適切なシステムを選択するためには、次の項目をご確認ください。
  • 事業内容
    各企業様の業種や規模を考慮し、ERPシステムを選択する必要があります。中小企業様で、様々な業務が複雑に行われる大手企業様の高額ERPシステムを選択する事は、適切であるとは言えません。
  • システムアップグレード
    ERPシステムは企業様と共に成長し、変化する企業環境に応じてシステムも成長する必要があります。導入から5年以内に、システムを簡単にアップグレードする事が出来ない場合は、システムとしての活用能力が乏しいと言えます。
  • サポート体制
    ERPソフトウェアを最大限に活用するためには、時間を費やし、企業様へのサービスサポートが必要になります。企業様へのサポートクオリティを確認する事が重要であり、一般的にはサポート料金が別途、請求されます。コストの規模を確認し、また、提供会社は企業様で必要とされるサポートが期待できるかを確認して下さい。
  • クラウド型システム VS 設置型システム
    ERPソフトウェアを選択する際に、様々な観点から企業様が設置型ERPシステムを必要とされているかを検討する必要があります。まず、企業様で設定型ERPシステムを運営するために必要な様々なリソース、設備が整っているかを確認する必要があります。必要とされるリソース、設備を確保できない場合は、他のERPシステムをご検討する必要があります。

Q: 会計ソフトの種類は?

A: 会計ソフトウェアは、税務会計ソフト、簿記/資金管理ソフト、ビジネスサポートソフトの大きく三つの類型があります。
  • 税務会計ソフトは、商取引を基準に納付する税金の正確な金額と納付期間を決定し、申告するために使用します。
  • 簿記/資金管理ソフトは、資金が正確に使われているかを確認するソフトとして、権限を持つ会計担当者が使用します。また、取引先との商取引内訳を記録するために活用し、通常は単式簿記が適用されております。
  • ビジネスサポートソフトは、管理者の方が全事業を直接管理せず、業務を分担した後、指定された部署が管理し、社員の生産性を高め、データを共有する場合に使用します。完了した業務に対する記録は、個別的に入力する必要が無く、直接、会計ソフトにて行う事になります。

Q: 会計ソフトの選択基準は?

A: 会計ソフトの種類は、事業内容や予算に応じて異なります。全体的な機能比較と企業様でご希望の機能が既に完備されているかを確認する事がとても重要です。また、環境変化に応じてシステムアップグレードが自動的に行われ、企業様と共に成長して行く必要があります。成長しないシステムは、投資する価値がありません。

Q: クラウド型会計ソフトの特徴は?

A: クラウド型会計ソフトは、サーバーのメンテナンスを行わず、いつでも、どこでも使用する事ができます。全社員がリアルタイムでデータにアクセスする事が可能であり、経営環境の変化に応じてシステムアップグレードが定期的に行われる事も主な特徴と言えます。