未収金/債権管理

企業様は、取引先へ請求書を正確に発行し、計画的に債権を回収するため、効果的に管理する必要があります。しかし、債権を管理する担当組織と責任者無しでは大変難しい事です。会計/営業部署と円滑な連携が可能になるイーカウントERPの債権管理機能を活用する事で、中小企業様は効率的な債権管理を行う事が出来ます。

制作理由

  • 売上が継続的に増加しても、債権が効率よく回収できないのであれば、資金運用が大変難しくなります。効率的な債権管理のためには、債権金額の密着モニタリングと管理が要求されます。
  • 売上、集金、未収金、請求書、未請求額などを記録し、担当者別/取引先別に一目で管理する事が重要な管理ポイントです。
  • 販売による出荷と集金処理は、担当者が異なるため、一つのデータに対して重複業務が発生する可能性が高く、データの重複や欠落、不一致などの問題に繋がります。
イーカウントERPでは、取引先別/担当者別に回収金額を確認する事ができ、販売による売上内訳を会計と連動させる事が出来るため、営業部署と会計部署間のデータの不一致問題を根本的に遮断する事が出来ます。

特徴

  • 販売と共に発生した債権を取引先別/担当者別に簡単に集計し、照会する事が出来ます。
  • エクセルで管理するように個別に入力し、管理する必要が無く、販売と集金の際に一度のみ入力する事で、売上、集金、未収金などが取引先別に自動計算されます。
  • 取引先管理台帳をメール送信機能を活用し、取引先へ即時に送信する事が出来ます。
  • 在庫で入力した販売データを会計へ反映する事ができ、部署間のデータ不一致などの問題を事前に予防する事が出来ます。

主要機能

債権管理に必要な効率的な機能を提供

  • 取引先/担当者別の売上、集金、未収金などを管理
  • 販売入力と取引先別の債権金額が自動計算
  • 販売入力を行った後、件別に請求書の発行を処理したり、複数の件を一枚の請求書で発行し、即時に反映させる機能
  • 未回収債権が今後、集金される予定を推測し、資金計画を確立する機能
[販売/集金/債権日報]

債権関連の様々な報告書を照会

  • 取引先別に販売内訳、集金内訳、未収金内訳などを簡単に照会
  • 各担当者別に管理している取引先の未収金/債権を確認する事が可能
  • 取引先の詳しい販売内訳、集金内訳、未収金現況を一つの画面で確認できるように取引先管理台帳を提供
  • 会計/経理部署で取引先別の債権管理を効率よく行うために、多様な帳簿や報告書を提供
[担当者別/取引先別の債権現況]