購買管理フロー

購買業務は、データの相互連携がとても重要であり、営業、生産、在庫などの業務と自動的に連動する必要があります。イーカウントERPでは、購買業務に必要な発注要請、発注計画、発注書作成などの入庫完了まで携わる全ての業務を管理する事が可能です。また、発注要請や発注業務を電子決裁機能を活用し、適時にコントロールする事が出来るため、資金管理も容易に行う事ができます。

制作理由

  • 購買業務は、入庫管理だけではなく、入庫まで必要な発注などの業務と資金管理が同時に管理できる必要があります。
  • 購買関連の業務は、データの相互連携が必要であり、営業、生産、在庫などの機能と自動的に連動する事が重要です。
  • 購買は資金運用へ直接的に影響を与えるため、事前に上長からの承認を得た後に行われる必要がありあます。
イーカウントERPでは、購買業務に必要な発注要請、発注計画、発注書作成などの入庫完了まで携わる全ての業務を管理する事が可能です。また、発注要請や発注業務を電子決裁機能を活用し、適時にコントロールする事が出来るため、資金管理も容易に行う事ができます。

特徴

  • 購買業務に必要な発注要請、発注計画、発注書、入庫処理まで、全ての機能をご利用いただく事が出来ます。
  • 購買機能は、他の機能と連動し、フロー別に業務を行う事ができ、必要な機能のみを簡単に活用する事も出来ます。
  • 購買関連の機能は、営業, 生産, 在庫と自動的に連携し、在庫を統合的に管理す事が容易です。
  • 入力画面から照会画面、帳簿まで企業様のご希望の情報とフォーマットで自由に編集する事が出来ます。
  • 発注要請書、発注書は、グループウェアの電子決裁機能と連動させる事ができ、承認完了された案件のみをシステムに反映し、業務を行う事が出来ます。

主要機能

発注要請

  • 各部署からの発注要請を発注計画機能と連動
  • 注文書, 作業指示書と連携し、発注要請が行われるため、購買(発注)担当者と各部署の間で効率的に業務共有
  • グループウェアの電子決裁機能と連動し、承認が完了した案件のみをシステムへ反映する事が可能
[発注要請書]

発注計画

  • 取引先からの注文受付情報から最適の購買数量を計算できる機能
  • 生産部署で必要な原資材の仕入れ数量を適切に計算する機能
  • 在庫関連の複数の条件を考慮し、最適の購買数量を決定
[発注計画]

発注書

  • 取引先からの注文受付情報を読み込む事で、自動的に発注書を作成する事が可能
  • 発注書のフォーマットは、ご希望に応じて最大50種類まで設定する事が可能
  • 作成完了した発注書は、システムで即時に仕入れ先へメール送信する事が可能
  • グループウェアの電子決裁を活用し、決裁が完了した後、外部へ送信が可能
  • 発注書機能を活用されない場合、該当する機能を取り除き、簡単にシステムを活用する事も可能
[発注書]

購買(入庫)処理

  • 一度の入力で商品や原料の入庫数量が在庫へ反映
  • 発注書へ入力した情報を自動的に読み込み、入力する事ができる機能
  • 入庫されていない未入庫数量の管理
  • 購買担当者別の購買実績を含め、様々な購買現況と集計を照会
  • 帳簿は、企業様にご希望に応じて編集し、照会する事が可能
[未入庫現況]

請求書の受領(会計反映)

  • 買購管理メニューから品目を入庫処理した後、直ちに請求書の受領処理ができる機能
  • 複数の購買伝票を一枚の請求書で受領処理する事が可能であり、同時に割引などの金額調整が可能
  • 担当者/取引先別の未払金現況を確認
  • 会計機能と連動し、業務時間を短縮する事が可能であり、効率性が高まる
[購買伝票の一括会計反映]