発注計画

商品や製品の出荷予定量や生産に必要な原材料/副材料の数量を正確に管理できないのであれば、生産スケジュールを変更したり、 納期日の遅延などの問題が発生します。倉庫で循環されない在庫が長期間放置された場合、在庫コストが増加し、純利益を上げる 事は難しくなります。イーカウントERPでは、発注計画機能を活用し、販売や生産に必要な仕入れ数量を適切に決定し、 発注書の作成業務を簡単に行う事ができ、購買(発注)担当者様の業務を効率的に行う事ができます。

制作目的/制作背景

  • 商品や製品の出荷予定量や生産に必要な原材料/副材料の数量を正確に管理できない場合、生産スケジュールの変更や納期日の遅延などの問題が発生します。
  • 倉庫で循環されない在庫が長期間放置された場合、在庫コストが増加し、売上が拡大しても純利益の改善まで期待する事は難しいです。
  • 発注業務を行われる場合、倉庫の現在庫量や営業/生産部署で必要とする数量などを様々な側面から判断し、購買数量を決定する事はとても重要な管理ポイントです。
イーカウントERPでは発注計画機能を活用し、販売や生産に必要な在庫数量を適切に管理し、発注書の作成業務を簡単に行う事が可能であり、購買(発注)担当者様の業務を効率的に行う事ができます。

特徴

  • 商品や原料を購買される際に、適切な取引先/数量であるかを判断し、決定されるまで業務をサポート致します。
  • 注文書、作業指示書、消耗量管理、発注要請書と連携し、発注計画を作成する事ができます。
  • 保有在庫や安全在庫、最低購買単位など、様々な条件を考慮し、最適の仕入れ数量を決定する事ができ、在庫コストを画期的に減少させる事が出来ます。
  • 別途の発注書を作成する必要が無く、発注計画の段階で確定した情報を発注書へ自動的に変換する事が出来ます。

主要機能

様々な条件を考慮し、仕入れ数量を決定

  • 必要数量 : 取引先から注文した納品数量や、製品の生産に必要なBOM基準の原材料/副材料の数量
  • 現在庫数量 : 現在、保有している在庫数量
  • 安全在庫数量 : 企業様が基本的に常時、維持させる必要がある最低数量
  • 最低購買単位 : 該当する品目を購買される際に、購買が可能な最低数量単位
  • 未入庫数量 : 既に購買/発注済みではあるが、まだ入庫されていない在庫数量
  • 未販売数量 : 販売処理が終わり、出荷待機中の在庫数量
[様々な条件に応じて発注数量を自動変更]

購買管理フローの標準化

  • 品目別、取引先別の最低注文数量を確認
  • 発注計画による発注書の作成が可能
  • 作業指示書、消耗量管理、発注要請と連携し、発注計画を作成する事が可能
[発注計画による取引先別の発注書作成]

製造業で生産に投入される原料の発注計画を適用

  • 生産作業指示書を登録する事で、情報を発注計画へ読込む機能
  • 様々な条件から判断し、最適の仕入れ数量を自動計算
[BOMを適用し、発注計画書を作成]

卸/小売業で発注計画に対する活用法

  • 営業部署から注文書へ入力した情報を自動的に発注計画へ変換する事が可能
  • 発注計画した情報を変換し、即時に発注書を作成
[注文書を変換し、発注計画を作成]