品質管理(QC)

企業様は、顧客満足と競争力を確保するために、品質を良好に保ち、標準化された基準を確立する必要があります。イーカウントは生産不具合や品質問題を減少させる事ができる品質管理機能を提供しております。ユーザー様がサンプリングや全数検査を通じて、全体的な品質及び工程の手順や方法を効果的に診断できるようにサポート致します。

制作理由

  • 消費者を満足させ、競争力のある製品を効率よく生産するためには、生産不具合を減少し、優秀な製品を生産する事に集中する必要があります。
  • 良質の製品を生産するためには、資材の仕入れから生産活動全般の過程を標準化させ、安定される事が重要です。
  • スムーズな品質検査のためには、状況に応じた検査方法を選択し、合格/不合格の判断基準を明確にする必要があり、検査結果に応じてその後の対応が連携できる必要があります。
イーカウントERPでは、在庫や生産品目に対する品質検索を行う事が出来ます。サンプリング検査や全数検査などを通じて、品質をチェックし、結果に応じた対応を施す事ができ、品質検査成績書や様々な報告書を確認する事が出来ます。

特徴

  • 全体品目の内、一部サンプルを調査し、その結果を判断基準と比較して合格有無を決定するサンプリング検査と、全体品目を検査する全数検査を選択し、品質検査を行う事が出来ます。
  • 品質検査から発見された不合格数量を不具合類型で処理する事が出来ます。
  • 品質検査が完了した後、発生した合格数量と不合格数量の処理を検査結果を応じて行う事が出来ます。
  • 品質検査結果を様々な報告書で照会する事ができ、品質検査報告書を企業様の業務に合わせ自由に設定し、結果を確認する事が可能です。

主要機能

品目の検査方法

  • 特定の品目と数量を読み込み、品質検査を行う事が可能
  • 発注、購買、販売、生産履歴を読み込み、検索を行う事が可能
  • サンプリング検査 - 一部のサンプルに対し、合格数量と不合格数量を検査
  • 全数検査 – 品目全体を対象に、合格数量と不合格数量を検査
  • 不合格数量に対して、不具合類型別に区分する事が可能
  • 進行状態を選択し、合格有無を判断
[品質検査成績書]

品質検査照会や報告書

  • 検査が完了した品目の処理方法を判断し、他の入力機能と連動させる機能
  • 全体数量や合格数量、不合格数量を購買や販売、在庫移動、不具合処理などに連携して入力する事が可能
[品質管理現況]