原価管理

棚卸資産の原価計算が速やかで正確にできれば、
経営活動を合理的に判断し、原価削減を達成できる近道であります。

原価管理

原価管理は、企業様の全体的な利益を保証するために必要な要素です。様々であり複雑な生産工程が結びついている関係で中小企業様で総額を計算し、管理する作業はとても簡単ではありません。イーカウントERPは、原価計算および関連業務を容易に行えるソリューションを提供しております。

制作理由

  • 製造原価を抑えるためには、原材料/副材料の仕入れから生産工程および製品の完成までの費用が、どのぐらい消費されているかを正確に把握する必要があります。
  • 在庫関係の原価計算を迅速で正確に管理する事ができれば、経営活動をより効率的に判断し、原価節減に役立てる事が出来ます。
  • 原価は仕入れによる材料費と生産工程で発生する労務費/経費など、いくつかの要素を考慮し、算出されるため複雑で難しい作業です。そのため原価計算を簡単に管理できるる方法が必要です。
イーカウントERPの原価管理は、多くの中小企業様で簡単に使用できるように構成されているため、在庫状況が原価に自動反映され、正確な品目別の原価内訳を算出する事が出来ます。

特徴

  • 生産に投入された原材料の数量、単価が製品や半製品の原価に自動的に集計され、計算されます。
  • 労務費と経費を配分し、品目別に加重値を付与する事ができ、外注加工費や輸入コスト等が原価に自動反映されます。
  • 原価集計などの様々な出力物を通じて、原価計算内訳を一目で把握する事が出来ます。
  • 標準原価を基準に、実際に発生した原価と比較し、生産実績を評価する事が出来ます。

主要機能

原価計算方法を選択

  • 商品は、先入先出法に基づき、毎日原価を計算する事が可能
  • 製品は、総平均法、先入先出法、最終仕入原価法の原価計算方法を選択し、月別に実際の原価を計算
  • 原材料/副材料の消耗量基準を登録されたBOMを基準に計算するか、実際に消耗された数量を基準に計算するかを選択する事が可能
[原価計算方法登録]

生産に投入された原材料/副材料の単価を原価に自動反映

  • 原材料/副材料の仕入れが行われると、原材料/副材料の仕入れ原価の合計が製品の基本原価として自動反映される機能
[原価作成]

材料費を除いた各種の付帯コストを原価へ反映

  • 材料費以外の労務費と経費が投入され、実際に投入された金額通りに工程別に区分し、配分する事が可能
  • 配分の際に、個別に加重値を付与する事ができ、加重値の基準は企業様の運営基準に応じて、各自決定する事が可能
  • 製品が外注工場で加工され入庫された場合、外注加工費単価を個別に配分する機能
  • 外注加工費の反映基準を品目に登録された外注費を基準に反映したり、実際に発生した外注費を基準として反映する事が可能
  • 輸入によるコストも原価に反映させる事が可能
  • このように配分された労務費、経費、外注加工費、輸入コストは、工程別の減価を計算する際に自動的にて適用される
[工程別労務費/経費の登録]

標準原価を登録し、生産実績と比較評価

  • BOM等の品目基本情報から標準原価を作成する機能
  • 生産が終わった後、算出された実際原価と標準原価を比較
[標準原価と実際原価を比較]

原価関係の様々な出力物を提供

  • 特定の製品や半製品に対する原価計算内訳を詳しく照会
  • 該当する品目を生産するために投入された全ての原材料リストと原価を表示
  • 経費、労務費などのコストを工程別に照会する事が可能
  • 計算された原価を基に正確な品目別/取引先別の利益を確認
[原価集計表]