顧客管理

継続できる営業活動のためには、現在の顧客と潜在顧客に対するデータを整理、分析し、マーケティング情報として活用できる必要があります。イーカウントERPでは、顧客管理(CRM)機能を活用し、顧客情報や問い合わせ内容、進捗状況などを記録し、そのデータを基準としてマーケティング戦略及び営業活動を新たに展開させる事が出来ます。また、顧客サポート及び取引継続意思を管理し、効率的な顧客管理を行う事が出来ます。

製作理由

  • 活動内容を営業社員や担当者から個別的に確認する事により、多くの時間が消耗される
  • 重要な営業情報や顧客情報に対する履歴が管理されていないため、効率的な顧客管理が難しくなる
  • 潜在顧客を管理していた営業社員の退職や転勤などによる、引継ぎ問題が発生
イーカウントERPの顧客管理(CRM)機能を活用し、現在の顧客と潜在顧客の様々な情報を体系的に管理する事が出来るため、顧客情報の共有を通じて、営業、サービス、マーケティング業務を効率的に行う事が出来ます。

特徴

  • 顧客情報を統合的に管理し、共有できるため、顧客に合わせた営業活動やサービスを展開する事が出来ます。
  • 営業活動の初期から受注までの営業活動と契約状況を効率的に管理する事ができ、取引先及び顧客の履歴管理を行う事が容易です。
  • 顧客管理掲示板を作成する際に、企業様の業務環境に合わせて、必須入力項目を設定する事ができ、蓄積された顧客情報、営業活動情報などをカスタマイジング可能な照会機能から確認する事が出来ます。

主要機能

潜在取引先や顧客の管理

  • 取引先情報管理及び名刺管理機能を活用し、潜在取引先や顧客情報を入力する事ができ、社員間の情報共有可否の指定が可能
  • 情報入力の際に、基本入力データ以外にも、数字形式、テキスト形式、日付形式など、ユーザー様でご希望される項目の追加設定が可能
  • 取引先や顧客の情報を入力する際に、エクセルデータアップロード機能を利用し、様々な情報を一括的にアップロードする事が可能
  • 外回り中や出張中でも、モバイルデバイスを活用し、登録された顧客の最新情報をリアルタイムで確認する事が可能
[名刺リスト]

顧客管理掲示板の作成と入力

  • 潜在取引先や顧客の商談履歴、契約状況などを自由に登録する事ができる顧客管理掲示板の作成が可能
  • 企業様の業務環境に合わせて、ユーザー様で直接、必須入力項目を設定する事ができ、期間別、条件別の項目指定を通じて柔軟な分析が可能
  • 掲示文を登録する際に、会計、在庫伝票を添付したり、新規登録が可能であり、グループウェアの業務伝達掲示板を参照し、掲示文を作成する事が可能
[顧客管理掲示板の画面構成]

潜在顧客から契約顧客への転換

  • 取引先情報へ登録されている取引成立前の潜在顧客から、買入/売上が発生した場合、管理取引先へ転換が可能
  • 契約顧客へ転換された取引先は、ERPシステム上の会計/在庫機能から管理が可能になり、契約以降の営業活動によって発生した各種の取引内訳を取引先別に管理する事が可能
  • 契約書から請求書までの各種取引フォーマットを簡単に作成する事ができ、見積、注文、販売機能を通じて、取引先別の売上追跡が可能
  • 店舗別、担当者別に与えられた売上計画を実際に契約した取引先の売上と比較し、目標に対する実績管理が可能
[会計/在庫取引先への転換]